生理痛(月経困難症)

生理痛(月経困難症)とは?

女性なら誰もが一度は経験する生理の悩み。その中でもいちばん多いのが生理痛です。
生理痛は月経困難症ともいわれ、成人女性の70%~80%の方が経験します。
ひとことで生理痛といっても、痛みの程度、症状には個人差があり、同じ女性であってもいつも同じ症状とはかぎりません。

[主な症状]

腹痛、腰痛、イライラ、憂鬱、吐き気、めまい、頭痛、下痢、食欲不振、眠気、カラダがだるいなど

 

生理痛の原因

月経困難症は、器質性月経困難症と機能性月経困難症の大きくふたつに分類されます。

圧倒的に多いのは機能性月経困難症や原発性月経困難症だと言われています。

生理痛の原因はいろいろ考えられますが、子宮内膜でつくられる「プロスタグランジン」という物質の過剰な増加が原因という説が有力です。
この物質は、子宮をギュッと収縮させて生理の経血を押し出す作用があります。この量が多すぎると子宮の収縮が強くなるため、子宮内の神経が過敏になって痛みが生じます。

ほかにも生理痛を悪化させる要因にはさまざまなことが考えられます。

血行不良、カラダの冷え、骨盤内のうっ血、子宮の入り口がせまい、子宮後屈、ストレス

 

鍼灸治療

東洋医学では古くから「不通則痛(ふつうそくつう)」という言葉があり、『気や血が滞るとそこに痛みが起こる』という基本的な概念があります。
気や血が滞る原因としていろいろ考えられますが、精神的なストレスによる気の滞り(気滞)、過労や睡眠不足によるエネルギー不足(気虚)、運動不足による血行不良や冷えなどさまざまです。

生理痛においても、何らかの原因で血のめぐりが妨げられて痛みが現れたと考えます。 また、天使のはね鍼灸院に生理痛の悩みで来院される女性患者さまのほとんどが冷え性(冷え症)です。
したがって、生理痛を和らげるためには、身体を冷やさないようにして気や血を巡らすことがとても重要です。

鍼灸治療においても血液の流れを改善し、同時に冷えを追い出すことで痛みを緩和します。
ひどい生理痛は不妊症の原因のひとつにもなりうるので、妊活中の方も早めの治療をおすすめいたします。