つわりの改善について

つらいつわりにお悩みではありませんか

つわりの辛い症状で食事が出来ずに悩む妊婦

  • 胃や胸が気持ち悪く、吐き気がおさまらない
  • 食べ物の匂いで気持ち悪くなってしまうので、家族の食事作りができない
  • 眠気やだるさ、肩こりで一日中横になっており仕事にも行けない
  • 何を食べても吐いてしまう
  • よだれが出すぎて口の中が気持ち悪い

妊娠初期から始まるつわりは、人によって期間や症状が大きく異なります。ほとんどつわりを感じないという妊婦さんがいる一方、妊娠悪阻(おそ)と呼ばれる重症のつわりで入院が必要になる方もいます。

赤ちゃんへの影響を考えると薬には頼りたくないし、病気ではないから我慢しなくては……とお悩みのお声も多く聞かれました。産婦人科に相談しても、妊娠期間が進むまでは我慢してやり過ごすしかないと言われてしまったというケースも少なくありません。

天使のはね鍼灸院では、つらいつわりを軽減するため鍼灸施術をご提案しています。どうぞお気軽にご相談ください。

身体に負担をかけない鍼灸施術を行っています

つわりに効果的なツボへ鍼灸施術を行い症状を改善します

つわりは人によって症状が大きく異なりますが、そのいずれも薬を使いづらいという共通点があります。また、整体や指圧など身体に負担をかける施術を妊娠中に受けるのは、躊躇ってしまうという方も少なくありません。

天使のはね鍼灸院では身体に負担が少ない鍼灸施術で、つらいつわりを軽減します。つわりに効果的だといわれているのは、足の人差し指の裏にある裏内庭と、手首の内側にある内関というツボです。

胃腸のはたらきを高めることで、吐き気や気持ち悪さを軽減する効果が期待できます。施術を受けたお客様からは「施術直後から胃がスッキリして食事がとれるようになった」「吐き気が楽になり、ぐっすり眠れた」などのお声も寄せられました

つわりが起きる原因

ストレスがつわりの症状に影響すると考えられています

一般的につわりは妊娠5週目頃から始まり、16週頃にかけて落ち着いてくるとされています。しかしこれも個人差が大きく、生理が止まった直後からつわりが始まったというケースもあるのです。

強い吐き気や気持ち悪さが起きるのはホルモンバランスが変わり、活性化したホルモン物質が嘔吐中枢を刺激するせいだといわれています。つわりが起きる背景は完全に解明されていませんが、ストレスが症状の大きさに関係するとも考えられています。

病気ではないからと我慢する方も多いですが、症状が重くなると妊娠悪阻(おそ)を起こす可能性もあるのです。薬の服用が難しい場合でも、鍼灸施術はデリケートな母体に負担を掛けずに症状の改善が見込めるのでおすすめです。

つらいつわりの改善ならあま市の天使のはね鍼灸院におまかせください

辛い症状を改善して安心できる出産を迎えましょう

天使のはね鍼灸院では鍼灸師の国家資格を有する院長が、施術前のカウンセリングからアフターケアまで一貫して行っています。妊娠率は60%、43歳の方が妊娠された実績もございます。多数の妊活メディアでも人気の鍼灸院として、その実績を紹介されてきました。

施術スペースはプライバシーに配慮した完全個室になっているので、デリケートなお悩みも安心してお話しいただけます。

施術を受けたお客様からは「医療機関でも改善できなかったつわりが楽になったので、妊娠への不安が解消された」「頭痛やだるさが改善して家事をこなせるようになった」などの感想もいただきました。

身体に負担をかけずにつらいつわりの症状を改善するには、鍼灸治療が効果的です。天使のはね鍼灸院までお気軽にご相談ください。施術経験豊富な院長が、お客様のお悩みに真摯に寄り添います。

24時間予約受付はこちら
当日、翌日のご予約はお電話にて承ります