病院の治療と併用している方へ

病院の治療と併用している方へ

『冷え』という概念がないため治療法が確立していない

西洋医学には『冷え』という概念がないため治療方法も確立しておらず、器質的要因がなければ原因不明の不妊と診断されてしまうのです。 病院では西洋医学的な各種検査をして、卵管のつまり・排卵の障害・ホルモン値など、検査で不妊の原因がはっきり分かる器質性不妊には、薬や手術などで治療することができます。

ただし、検査をしても特に原因がはっきりしない機能性不妊の場合は、明確な目的をもっての治療を行なうことが難しいのが現状です。

「排卵が正常に行われていない」という原因がはっきりしているお客様に対しては薬を使って排卵を促すことは出来ても、卵そのものの質を上げることまでは出来ません。

副作用によってさらに妊娠しづらくなっている

不妊治療の第一歩となるクロミッドなどの排卵誘発剤や注射の使用による副作用として「子宮内膜が薄くなる」「月経量が少なくなる」「卵巣が腫れる」などの影響があり、不妊治療によってさらに妊娠しづらくなっています。

治療期間が長期化するとステップアップ(タイミング法→人工授精→体外受精)とともに経済的な負担もかなり大きく、精神的なストレスまで大きくなってしまい、負のスパイラルに陥る可能性があります。

不妊治療と鍼灸を併用することによって得られる効果

得られる効果不妊治療における鍼灸は、不妊症の根本的な原因を治療するというよりも、前述の『冷え』を解消など、体調面を整え妊娠しやすい身体を作るのが目的です。

不妊症の体質改善には非常に高い効果があり、崩れている身体のバランスを整えて本来持っている自然治癒力を高めます。また、継続的な治療により卵の質の改善が期待できます。

妊娠はゴールではなく通過点です。受精、着床から妊娠を維持・継続して出産するためには、体調をととのえておくことがとても重要です。

鍼灸治療は副作用もなく、妊娠後でも全く問題なく受けることができます。