症状別ページ

四十肩・五十肩

四十肩とは、文字とおり40歳になった頃から肩に痛みを感じるようになり、

動かすと痛い
なにもしなくても肩が痛い
肩を上げるのが難しくなってくる

といった症状をともなう肩関節周囲炎です。

五十肩とどう違うの?と訊かれる方もいらっしゃいますが、症状がでてくる年代によって呼び方を変えているだけで、厳密な違いはありません。

今まで何も気にしないで出来たふとした動きで肩に激痛が走り、思うように腕が上がらず日常的な動作でさえ困難になる憂鬱な日が続きます。

また、夜間痛も大きな特徴のひとつで、夜中になると肩の痛みがひどくなって、あまりの痛みに眠れなくなる場合もあります。


四十肩・五十肩は、おおよそ3つの段階に分かれて進行していきます。

【急性期】
炎症がもっとも強く、何をしても痛い時期です。肩のほかに腕まで激しい痛みやシビレをともなうこともあります。
夜間痛もこの時期の特徴で、寝返りをうつだけでも痛くて目覚めてしまうケースもあります。
安静にしていれば痛みの1~2か月で治りますが、無理をしすぎると悪化して長引くおそれがあります。

【慢性期】
痛みはだいぶ治まってきますが、急性期に起きた炎症の影響によって筋肉は収縮して硬くなっています。いわゆる「腕があがらない」と感じる時期です。
着替えや洗髪がうまく出来ない、など「肩関節拘縮(こうしゅく)」と呼ばれる運動障害は、日常生活の動作に支障をきたすようになります。
慢性期に入ったら、傷みを感じない範囲で適度に肩を動かすことが大切です。
四十肩・五十肩に効果的なストレッチや体操を始めましょう。

【回復期】
肩関節の炎症は改善されていますので、痛み自体もほとんどなくなります。
しかし、後遺症として肩の動きが非常に悪くなる場合もあります。(個人差はあります)


四十肩・五十肩は、レントゲンやMRIなど精密検査をしても具体的にここが悪くなっているという部位を特定できないので、痛みはあるものの病気ではありません。
これだけたくさんの人が悩んでいる症状であるにもかかわらず、現代医学でもまだはっきりした原因は解明されていないのが現状です。

四十肩・五十肩は、医学的には肩関節周囲炎(または凍結肩)といわれる炎症です。
痛みが激しい急性期は、まず炎症を抑えなければいけませんからしっかりと冷やすことが重要です。
激しい痛みが落ち着いて鈍い痛みに変わってくる慢性期には、炎症もおさまって痛みもだいぶ軽減されているので、血行を良くするためにも患部を温めなければいけません。
回復期も同様に温めるのがよいでしょう。

「温シップで温めればいいですか?」という質問をよく受けます。
温シップには温かさを感じるトウガラシ成分、冷シップには冷たさを感じるメントールが配合されているので、皮膚にあてた時の感じかたは違いますが温感タイプのシップに患部を温める作用まではありません。

患部を冷やす必要がある場合には氷水や冷水を、温める場合には貼るカイロをおすすめしています。

四十肩・五十肩は放っておいても治る、という話はよく聞きます。
回復期になると、ほとんど痛みは感じなくなるなるため自然治癒したかのように思い、治ったと自己判断してしまうのでしょう。
しかし、回復期になるまでに数年かかることもあるので、それまでのあいだ痛みをただずっとガマンしているというわけにはいきません。

急性期には、激しい痛みや夜間痛を抑えることが先決です。
そのためにもまず炎症を鎮める必要があります。

肩の炎症を抑える手段として、鍼治療はとても有効です。

急性期で重要なのは安静にすることです。この時期に無理をして肩を動かすと症状が悪化して長引くおそれがあります。できれば重いものを持つことも控えましょう。
慢性期になれば、痛みも「鈍痛や重だるさ」に変わりますが、筋肉が収縮して肩関節拘縮(こうしゅく)を起こし、腕や肩が動かしにくい状態になっています。

鍼灸治療では筋肉の柔軟性を高めて血行促進をはかります。
とくに慢性期においては、鍼による低周波治療、灸による温熱療法は非常に有効です。

治療をしないで痛みがなくなった場合、元のようにスムーズに動かない、肩を真上にあげられない、腕が耳につかない、など可動制限が生じることがあります。

四十肩・五十肩をしっかりと治すためには、早い段階から適切な治療を受けることをおすすめします。

  • 24時間予約受付はこちら
  • 美容鍼はこちら
  • お客様から頂いた喜びの声
  • お客様から頂いた喜びの声(美容鍼)
  • 無料相談はこちら
  • その他の症状でお悩みの方

当院からのお知らせ

当院について

9:00~20:00最終受付

定休日

火曜(土日祝も診療しています)

お電話

052-414-7867

所在地

〒490-1116 愛知県あま市本郷郷中11 第三メゾンキジ2階

代表施術者

林 柊志(はやし しゅうじ)

  • 院長ブログ

雑誌掲載情報

  • 妊活Premoたまごクラブ「赤ちゃんが欲しくなったら最初に読む本」
  • ひよこクラブ赤ちゃんが欲しい 2017年夏
  • Baby-mo(ベビモ)赤ちゃんが欲しい 2016年秋