不妊鍼灸が初めての方へ

不妊鍼灸って本当に効果があるの?治療が痛いって聞くけど大丈夫かな?

不妊鍼灸について

不妊治療と聞いてどんな解決方法があると思いますか?漢方薬、ヨガ、ウォーキング、サプリメント、クリニック...

妊娠を望んでいるほとんどの方が様々な方法を試してきたかと思います。それでも、ずっと続けているのになかなか妊娠に至らないケースが多々あります。

そこで、サプリメントやクリニックといった西洋医学だけに頼るだけでなく、東洋医学をベースとした不妊鍼灸を利用します。

不妊症の根本的な原因を治療するというよりも、体調を整えて妊娠しやすいカラダ作りを目的とし治療を行います。

鍼灸による不妊症の体質改善は非常に高い効果があり、崩れている身体のバランスを整えて本来持っている自然治癒力を高め、卵の質の改善が期待できます。

卵質を改善するために取り組む、大切な3つの要素

大切な3つの要素<卵子は年齢とともに減少していくため、妊娠率が徐々に低下していきます。

しかし、不妊の原因は年齢だけではなく「卵の質」も影響しています。年齢が若く卵子が多くても卵の質が悪く着床しなければ妊娠しません。

つまり、年齢に関係なく一番大切なことは卵子の質を高めて、妊娠率を上げる事です。そのために、不妊鍼灸で体質改善をするだけでなく、生活習慣も一緒に変えていく必要があります。

中でも大切なこととして、

・健康に気を遣った身体に良い食事をとること
・胃腸を整えて消化吸収を良くすること
・身体を冷やさないようにして血流を良くすること


の3つが上げられます。

胃腸の働きや血液の流れは自律神経にも大きく左右されます。これらの生活習慣を見直して、鍼灸を受けられると自ずと妊娠しやすい身体になるでしょう。

当院の不妊治療の特徴

当院では通常の鍼灸治療だけでなく、「吸い玉(カッピング)療法」や「サン・ビーマー(遠赤外線応用治療器)」を使用した治療も併用して行っています。

吸い玉(カッピング)について

吸玉(カッピング)は、吸角ともいい数千年の歴史を持つ中国の民間療法です。皮膚にカップを吸着させて真空吸引し、血液をきれいにすることが最大の特色ともいえます。鍼灸や温熱療法と併用すると、さらに効果的です。

吸い玉(カッピング)で期待できる効果

吸い玉(カッピング)・ 血液をきれい(浄化)にする
・ 血行をよくする
・ 血管をはじめ組織を強化する
・ 皮膚の若さを保つ
・ 内臓諸器官を活発にする
・ 関節の働きを円滑にする
・ 自律神経機能の調節
・ 免疫力を高める
・ 体内にたまった老廃物の排出
・ 肩こりや頭痛、生理痛などの改善

不妊治療への効果

東洋医学では、不妊の原因のひとつとして「お血(おけつ)」を考えます。「お血」とは簡単に言うと、体内の血液のめぐりが悪くなった状態のことをいいます。
本来なら、きれいでサラサラした血液が全身を流れているのが理想的ですが、なんらかの原因によって血液が汚れたり、ドロドロになって滞った状態になることでカラダのいろいろなところで障害を引き起こします。

肩こりや頭痛、生理痛などの症状以外にも、お肌のくすみやシミ、目の下のクマなども「お血」が原因といえます。吸い玉の吸着には血管を広げる作用もあり、血液のながれを速めて新陳代謝を促進させます。

その結果、体内に蓄積した活性酸素や有害物質を排出するデトックス効果が期待できます。全身のめぐりが良くなれば子宮や卵巣など生殖器および骨盤内にもきれいな血液が行きわたり、また自律神経が調整されることで冷えの改善やホルモンバランスもととのえます。

妊娠を希望されるすべてのお客様に必要な治療法というわけではありませんが、当院では東洋医学的な診察によって心身の状態を診させていただいた上で、最適な治療プランのひとつとしてご提案させていただいております。吸い玉の痕が気になる方や体質に合わない場合には控えさせていただきますので、遠慮なくお申し出ください。

※ 吸い玉は、皮膚に直接プラスチックのカップを吸着させるため、しばらくのあいだ丸い痕が付きます。
悪いところは紫色のアザのようになりますが、生涯のこるものではありません。個人差はありますが、1週間~10日くらいで消えます。

  • お客様から頂いた喜びの声
  • 無料相談はこちら
  • 美容鍼はこちら
  • その他の症状でお悩みの方

当院からのお知らせ

当院について

9:00~20:00最終受付

定休日

火曜(土日祝も診療しています)

お電話

052-414-7867

所在地

〒490-1116 愛知県あま市本郷郷中11

代表施術者

林 柊志(はやし しゅうじ)

  • 院長ブログ

雑誌掲載情報

  • 妊活Premoたまごクラブ「赤ちゃんが欲しくなったら最初に読む本」
  • ひよこクラブ赤ちゃんが欲しい 2017年夏
  • Baby-mo(ベビモ)赤ちゃんが欲しい 2016年秋